2012年6月15日金曜日

楽しいサロンでした

昨日の「平家物語サロンin神田」。
昼も夜も多くの方が参加してくださいましてありがとうございました。
私は一年ぶりの出演でしたが、毎月欠かさず参加されている常連の方も多く、とても熱心な素敵な会です。

今回のテーマは平重衡。
武人と言うよりは文人の重衡は、女性にもてたんだそうです(笑)。

今回朗読した「千手の前」も、鎌倉に連行された重衡が、物寂しく雨の降る一夜、見目麗しく管弦も歌も上手な、そしてどこかゆかしい千手の前と共に過ごす様子が、しっとりとせつなく描かれています。


この章段では私は「音」を感じます。

しとしとと雨の降る音…

湯殿の水音…

琵琶の音…

箏の音…

酌をする衣擦れの音…

そして音のしない静けさを感じるのです。

その静けさこそ、死を前にした重衡への、狩野介と千手の前の細やかな心遣いだと思います。
切ないですね。


そして、壇ノ浦の一部分を参加者の皆さんに声を出していただきながら、朗読の楽しさを少し味わっていただきました。声を出したのは高校生以来というような方もいらっしゃいましたが、のびのびと大きな声で、素晴らしかったです。

また、サロンでお目にかかるのを楽しみにしています。




–––––––––
次回の「平家物語 朗読教室」吉祥寺クラスは

●昼クラス 6月19日(火) 14時〜16時 吉祥寺ギャラリー絵の具箱

●夜クラス 6月21日(木) 19時〜21時 御殿山コミュニティセンター

※「鹿の谷」をやります。
––––––––––

入会金無し。1レッスン:3000円(テキスト込)。体験レッスン1000円。
受講・体験ご希望の方は、heike@parkcity.ne.jpに、お名前、お電話、メールアドレスなどご連絡先をお書き下さい。追ってこちらからご連絡差し上げます。

何人かお仲間が集まれば、出張レッスンもOKです。





0 件のコメント:

コメントを投稿