2020年3月8日日曜日

【延期します】平家物語 〜語りと弦で聴く〜 文覚と六代





【公演延期のお知らせ】


新型コロナウイルス の感染拡大を受けて「平家物語〜語りと弦で聴く」の5/13事前講座と6/3〜4公演を延期することに決定いたしました。

緊急事態宣言が解けたとしても、6月初旬では皆様に安心してお集まりいただき、公演をお楽しみいただくことはとても難しいと考えての判断です。

秋以降に改めて公演できるようにと思っておりますが、まだ詳しいいことは未定です。決まり次第ご案内させていただきます。
どうぞ皆様、くれぐれもお健やかに、この先の見えない時間をお過ごしくださいませ。

art unit ai+ 金子あい



〜語りと弦で聴く〜
平家物語 文覚と六代
金子あい(語り芝居)×須川崇志(コントラバス、チェロ)

時空を超える圧倒的な原文の「語り芝居」と美しくスリリングなジャズベースが出会う時、新たな『平家物語』が生まれる!

伊豆国に流された文覚は源頼朝を訪ね、父義朝の髑髏と称する骨を見せ旗揚げを勧める。文覚が福原へ行き平家追討の院宣を受けてきたので、頼朝も挙兵を決意する。その後、源氏に追われ都落ちした平家は、壇浦の合戦で死闘を繰り広げるが、一門は滅亡する。戦後、平氏の残党狩りが行われ、維盛の子六代は捕らわれる。文覚は六代を救うため、旧恩を頼みに頼朝の元へ出発。処刑の寸前に赦免状を届ける。
己の道を突き進み、時代に抗う、不敵第一の荒聖・文覚を通して、源平の歴史が動く瞬間を描く。

【日時】2020年6月3日(水)19時、 4日(木)14時/19時
※開場は開演30分前 ※終演後アフタートークあり
【会場】座・高円寺2
東京都杉並区高円寺北2-1-2  03-3223-7500
(JR中央線高円寺駅 北口徒歩5分)
【料金】 全席指定・税込
一般:4,500円/グループ:4,000円 (2名以上1枚につき)
U23:2,000円 (中学生以上23歳以下)
※U23は枚数限定。当日指定席券引換。要年齢確認書。
*小学生無料(席数限定)*未就学児はご入場いただけません*グループ券とU23券はアートユニットアイプラスのみで取扱い*当日券は開演1時間前より販売*上演時間約90分(休憩あり) 
【チケット発売日】  3月14日(土)11:00
【チケット取扱】      
◆art unit ai+(アートユニットアイプラス)auaplus@gmail.com 
090-6707-1253 (11:00~20:00)
カンフェティ (一般券のみ取扱い)https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=57380&

0120-240-540 (オペレーター対応 平日10:00~18:00)
03-6228-1630  ※携帯・PHSからご利用の場合  
【お問合せ】art unit ai+(アートユニットアイプラス)  
090-6707-1253 (11:00~20:00)
【公演の最新情報】facebook 平家物語〜文覚と六代〜

構成・演出=金子あい   音楽=須川崇志   照明=稲葉直人(A.S.G)
音響=平本敦彦   舞台監督=穂苅竹洋   ヘアメイク=細田ひなこ
宣伝美術=Ai kaneko   宣伝写真=bozzo(金子) Toru Takashita(須川)
後援=杉並区  杉並区教育委員会   武蔵野市民芸術文化協会
主催・企画・制作=art unit ai+    制作協力=かなえのかい 


==============
もっと楽しもう!!無料事前講座
「平家物語」入門講座
お話・実演: 金子あい 須川崇志

子どもも、大人も、どなたでも!  お気軽にご参加ください。

★「平家物語」はどんなお話?
→あらすじや登場人物などの基礎知識、
 6月公演の見どころ聴きどころを分かりやすく解説‼︎
★声に出して語ってみよう!
→「祗園精舎」や「壇浦合戦」を声に出して語り、
 どんな風に場面を表現するかを体験していただきます。
★コントラバスとチェロはどんな楽器?
→2つの楽器の違いや魅力、音色をじっくり紹介。
 言葉と音をどう組み合わせるか創作のヒミツに迫ります。

【日時】5月13日 水   座・高円寺2
昼の部 14:00〜15:15 (開場13:30)
夜の部 19:00〜20:15 (開場18:30)
【定員】各回先着150名(全席自由) 
【参加費】無料
当日直接会場の座・高円寺2にお越しください。
※定員を超えた場合はお入りいただけないことがございます。
【お問合せ】art unit ai+
auaplus@gmail.com 090-6707-1253(11:00~20:00)




金子あい (俳優、アーティスト)
東京芸術大学大学院デザイン科修了。art unit ai+を主宰し「平家物語〜語りと波紋音」「気ままに源氏物語」「いさかい」等を上演。能を喜多流粟谷明生に、新内を鶴賀流第十一代家元鶴賀若狭掾(人間国宝)に師事。主な出演は「子午線の祀り」(第25回読売演劇大賞最優秀作品賞)「雁作・桜の森の満開の下」「中島みゆき夜会」、日生劇場「アリスのクラシックコンサート」「アラジンと魔法のランプ」など。

須川崇志 (コントラバス、チェロ)
2006年米バークリー音楽大学卒業後、ニューヨークに活動拠点を置く。モントルージャズフェスティバルにJake Hertzogカルテットの一員として出演、また菊池雅章と出会い大きな影響を受ける。2008年帰国、日野皓正カルテットのメンバーとなる。Aaron Choulaiクインテットの一員としてオーストラリアツアーに参加。様々なジャズフェスティバルにも出演。作曲も手掛け、新しい音楽表現を掘り下げている。


2020年1月14日火曜日

2/28 浄瑠璃芝居「六道御前」成田公演 と 2020年出演予定


浄瑠璃芝居「六道御前」〜石牟礼道子『西南役伝説』より

1980年刊行の『西南役伝説(せいなんえきでんせつ)』は、西南戦争に翻弄されながらも必死に生き抜く名もなき農民や漁民たちによって語り継がれてきた声に耳を澄ました石牟礼道子初期の作品であり、その中の短編「六道御前」は、流浪の芸能者おろく婆さんが西南の役により天涯孤独になった壮絶な半生を語る、深く心を揺さぶる物語です。
生涯熊本で暮らし、土着の文化や芸能を愛し、現代文明を深く見つめ、社会から捨てられた最下層の人々の声なき声を聴き続けた石牟礼道子のメッセージをぜひご覧ください。

浄瑠璃芝居(じょろりしばい)とは?
「じょろりとは子どもの時分目にした三味線を伴奏に物語る芸能」と石牟礼道子は書いています。この作品では金子あいがおろくとなって物語り、歌い、舞うとともに、三味線の佐藤岳晶が九州の様々な民俗芸能から取材し作曲した様々な音楽が、石牟礼道子を育んだ豊穣な世界に迫ります。何もない舞台に鮮やかに風景が見えてくることにきっと驚くことでしょう。2017年4月には、直接、生前の石牟礼道子さんにご覧いただき、翌2018年4月には追悼公演として、東京の吉祥寺シアターで上演し大変な反響があり、再演のご要望をたくさんいただいた作品です。

【日時】2020年2月28日(金)13時30分開演/18時00分開演(2回公演)
【会場】成田市文化芸術センター スカイタウンホール(JR成田駅前)
【チケット料金】一般:3500円/グループ(2名以上で1枚):3000円/高校生以下:1500円
 ※未就学児入場不可

【出演】語り芝居:金子あい/三味線:佐藤武晶/尺八・能管:設楽瞬山
【構成・演出】笠井賢一

【チケット取扱】
チケットぴあ0570-02-9999(Pコード498196)
成田国際文化会館 0476-23-1331
新星堂ユアエルム成田店 0476-26-1117
ボンベルタ成田店サービスカウンター 0476ー26ー2111(代表)
古書くさかんむり(佐倉市立美術館1階)043-485-7851
多古町コミュニティプラザ 0479-76-7811
成田アートアクション実行委員会 080-5192-5241(10時〜20時)


============================

2020年の出演予定
●1月19日(日)9:00〜17:00
 明生会
  セルリアンタワー能楽堂

●1月23日(木) 13:30~15:30
 シニアのためのわかがえり塾・春
 「平家物語の原文を楽しむワークショップ」
千葉市生涯学習センター




●1月29日(水)19:00
 「情熱のアランフェス 輝きのモーツアルト」
 司会/金子あい
  サントリーホール 大ホール
詳細はこちら https://www.musicachiara.com/id




●2月5日(水)19:00 (会員限定)※完売いたしました
 語りの会 〜一谷合戦 敦盛をめぐって〜

●2月14日(金)19:00〜20:15
 粟谷能の会 能楽鑑賞講座
  国立能楽堂2階 大講義室 1000円

●2月28日(金)13:30開演/18:00開演
 浄瑠璃芝居「六道御前」
  成田氏文化芸術センター スカイタウンホール


●3月1日(日)12:45〜
 第103回「粟谷能の会」
  能「朝長」粟谷明生/狂言「蚊相撲」野村万作/
  能「白是界」粟谷能夫/お話:金子あい
  国立能楽堂
  詳細・お申込みはこちら https://www.awaya-noh.com/009200033239




●3月24日(火)19:00
 吉祥寺チャリティライブ フクシマを思う29
 「原発事故から九年、小児甲状腺がんと寄り添う」
 ゲスト:千葉親子(甲状腺がん支援グループ あじさいの会事務局長)
 演奏:李政美(歌手)/竹田裕美子(キーボード)
 会場:吉祥寺光専寺
 お問い合わせ・お申し込み:090-2474-7911(鎌内)、fkomou@gmail.com


●3月28日(土)
 藤原書店創立30周年

●3月30日(月)18:30開演
 リーディング公演「罪ある母」
 フィガロ三部作の最終話をリーディング形式で上演!
  日生劇場ピロティ 500円
https://opera.nissaytheatre.or.jp/info/2020_info/siviglia/
ネット予約のみ 

●4月12日(日)
 明生会 喜多六平太記念能楽堂

●6月3日(水)19:00開演
  4日(木)14:00開演/19:00開演
 「平家物語 〜語りと弦で聴く〜」−文覚と六代−
 語り:金子あい/コントラバス・チェロ:須川崇志
 会場:座・高円寺2
 お問合せ:auaplus@gmail.com  090-67071253



●10月31日(土)18:00〜20:00
 「方広寺 観月の夕べ」
 語り:金子あい/波紋音:永田砂知子


  浜松市 方広寺

2019年12月3日火曜日

「声に出して読む平家物語」第6回発表会


今年一年の朗読のお稽古の成果をご披露する、一門の発表会を開催いたします。
解説付きですので、平家物語の流れもばっちり分かります。
「語り」の本当の魅力は、一人一人の声や個性にあると思っています。生徒の皆さんが一人一人どんな風に平家物語の世界を語るか、お聴き頂けましたら幸いです。

今年のゲストは雅楽の越後眞美さんお招きしました。
「平家物語の雅楽」と題して「千手前」の章段に出てくる『皇じょうの急』を龍笛で演奏していただき、声を出す「朗詠」のミニワークショップをお願いいたしました。平家物語の時代の雰囲気を感じていただけると思います。どうぞお楽しみに。最後は、金子あいによる「知章最期」をお聴きいただきます。ぜひ皆さま遊びにいらしてください。

「平家物語を語る」
声に出して読む「平家物語」朗読教室
第6回発表会

【日時】2019年12月8日(日)14:00〜17:15(13:40開場)
【会場】武蔵野スイングホールホール
(JR中央線 武蔵境駅北口目の前)
入場無料、出入自由

【当日のプログラム】
※演目の時間は前後することがございますので、少しお早めにお越しくださいませ。

14:00 開演

1、「祇園精舎」 全員 
2、「殿上闇討」 前田茂宏
3、「少将乞請」 佐藤旭生
4、「飈・医師問答」 梅津敦子、中尾 都、鈴木潤子、守屋美智恵、川村紗世
5、「早馬」 新 裕子
6、「文覚荒行」 山本正紀、持田佳久、内田恒次、河辺千里、河辺正博、多賀谷ひろ子
7、「奈良炎上」 神田美幸、江藤俊哉、藪本沙織、藤田慶子、横田道子、川村陶子

15:10頃 休憩

15:20頃 
8、「鵼」 内田恒次
9、「小宰相身投」 永田 悠
10、「水島合戦・瀬尾最期」 市川賢司、佐々木京子、嶋田新治、武井幸一、中根冬貴、奥田恵、内藤明彦、栢野由紀子、田谷隆子、森田和美
11、「嗣信最期」 沼﨑 侑
12、「鶏合壇浦合戦」 岩田 脩、石井恵子、小林かをり、小山由香里、畝部和則、平田悦朗、勝浦道子、山田晴子、齊藤脩、森本典子

16:30頃 休憩

16:40頃
「平家の雅楽」 ゲスト:越後眞美
 龍笛「皇麞急」(おうじょうのきゅう)
 朗詠「嘉辰」ワークショップ
17:00頃
「知章最期」 金子あい

17:15 終演予定


#朗読 #平家物語 #武蔵野市 #発表会 #金子あい

2019年10月29日火曜日

いよいよ今週末!! 倉敷で「気ままに源氏物語2〜紫のゆかり」上演です!



【岡山、倉敷のお近くの皆様へ】
台風が毎週末のように列島を襲い、信じられないような被害に胸を痛めている日々です。被害に遭われた多くの皆様、心よりお見舞い申し上げます。
昨夏は倉敷・総社も大変な大雨被害で、それにも関わらず復興応援公演を開催してくださった倉敷の皆様。今年もありがとうございます。忙しい合間のほんのひと時、この舞台を見て楽しんでいただけたら嬉しく思っております。
古典を現代に橋渡しする催しが、いよいよ今週金曜日に迫って参りました。
倉敷芸文館アイシアターで上演する「気ままに『源氏物語』2〜紫のゆかり」❗️
そもそも1000年もの間ベストセラーで、世界中の人を魅了してきた源氏物語をどう味わう?というところからスタートしたこのシリーズ。古典の専門家・野澤千佳子と俳優・金子あいがタッグを組み、どんなに初めての人でも源氏物語の世界を楽しめる作品です。
狩衣姿の大月邦弘さんの素敵なお箏の演奏が源氏物語の世界をさらに深く表現して、胸がドキドキしますよ💓
そして、ワタクシ金子あいが、作者の紫式部に扮して、執筆の裏話や物語を紐解いていく、新しいスタイルで「源氏物語」を楽しんでいただけます!親しみやすく、原文は格調高く優雅に。。。
かなり面白いオリジナル台本が出来あがりました!!グッときますコレは。
登場人物は…紫式部、弘徽殿の女御、王命婦、藤壺、光源氏、あ、頭中将も。
さあ、1人語りでいったいどう演じるのでしょうか?!お楽しみに。
ぜひぜひ、お誘い合わせの上遊びにいらしてくださいませ。また、倉敷にお知り合いがいらっしゃいましたら、どうぞご宣伝頂けましたら助かります。

紫式部ひとり語り
「気ままに『源氏物語』2 紫のゆかり」
◆日時:令和1年11月1日(金)
  (昼の部)11時開場 11時30分開演
  (夕の部)15:30開場 16:00開演
◆会場:倉敷市芸文館アイシアター
◆出演:金子あい(語り)、大月邦弘(箏)

◆料金:一般:2800円/ペア:5000円(2名1組)/大学生以下:500円

◇チケットは
・八重むぐらの会
yae8mugura@gmail.com
080-1925-2294
・倉敷市芸文館事務室
・アルスくらしきチケットセンター
・岡山シンフォニーホールチケットセンター
でも販売中

#源氏物語 #朗読 #光源氏 #紫式部 #箏 #倉敷 #岡山 #アイシアター #金子あい #大月邦弘 #藤壺 #語り

2019年8月11日日曜日

【完売】第7回 鎌倉古民家で聴く「平家物語 〜知盛〜」



おかげさまで完売いたしました!!

「第7回 鎌倉古民家で聴く平家物語 〜知盛〜」

祇園精舎・坂落・知章最後・壇浦合戦・先帝身投
10月5日(土)18:00 開演(17:15開場)
 
語り:金子あい/尺八・笛:設楽瞬山

完全予約制 料金:茶菓付、一般4000円/古民家保存協会会員3500円
ご予約はこちらへ auaplus@gmail.com  090-6707-1235(art unit ai+)

くにたちでの公演にご好評をいただきましたので、鎌倉では「坂落」の章段を加え、さらにパワーアップしてお届けします!ぜひ、お聴きください。
こころよりお待ちしております。



======================

2019年 金子あい 今後の出演予定

●8月28日(水)18:30
芸術と憲法を考える連続講座vol.20『花ばぁば』
  東京藝大音楽学部5-109教室(入場無料)
講演:田島征三、浜田桂子、「花ばぁば」朗読:金子あい



●9月8日(日)喜多流粟谷明生一門の会「明生会」(入場無料)
仕舞は「大江山」謡は「頼政」地謡をやります。

●9月14日(土)14:00
川口リリア ピアノサロン第2回「哀しみのショパン」
演奏:宮谷理香、ゲスト:金子あい
  ショパンの心情を、演奏に加えて彼自身の言葉でも味わって
  いただきます。舞台俳優× ピアニストの真剣勝負、これまで
  にないステージにご期待ください。https://www.lilia.or.jp/event/1723



●9月29日(日)11:00/13:30
倉敷美観地区 語らい座大原本邸で『源氏物語』とお香を楽しむ一日
  問・申)八重むぐらの会 yae8mugura@gmail.com 080-1925-2294



●10月5日(土)18:00  第7回 鎌倉古民家で聴く平家物語 〜知盛〜
  祇園精舎・坂落・知章最後・壇浦合戦・先帝身投
  語り:金子あい、尺八・笛:設楽瞬山 問・申)auaplus@gmail.com



●10月14日(月)14:00/18:00
千葉多古町日本寺 金子あいひとり語り 山本周五郎「人情裏長屋」
千葉県香取郡多古町南中1820
  問・申)日本寺TEL:0479-76-3745



●11月1日(金)11:30/16:00
紫式部ひとり語り「気ままに『源氏物語』2 紫のゆかり
  倉敷市芸文館アイシアター
  語り:金子あい、箏:大月邦弘
  問・申)八重むぐらの会 yae8mugura@gmail.com   080-1925-2294



●11月19日(火)19:00
  フクシマを思う28「福島第一原発 廃炉の記録」
  武蔵野公会堂ホール

●12月8日(日)14:00
平家物語朗読教室 第6回発表会
武蔵野スイングホール

●12月14日(土)
佐倉市志津図書館 講座

2020年
●1月23日(木)
千葉氏生涯学習センター講座

●2月28日(金)
成田スカイタウンホール
「六道御前」

2019年7月1日月曜日

平家物語くにたち公演無事に終わりました!

スタジオの入り口で

アフタートークで作品について、楽器についてお話ししました

先週の金曜日、くにたちでの平家物語の新シリーズ「音と出会う『平家物語』〜知盛〜」が無事に終わりました。
補助席も出して80席の小さなスタジオは超満員。お断りした方もいらして、あと少し大きい会場だったら〜〜と実行委員の皆は残念がっていました。お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました。

今回のゲストは尺八の設楽瞬山さん。尺八のみならず、龍笛、能管、2種類の口琴を使ってソロ演奏も交えながら、知盛の心情や合戦の場面、源氏の内輪揉めのやりとり、壇ノ浦の風や波の音を表現して物語を盛り上げてくださいました。

これまで波紋音と作ってきた世界とは全く違う味わいで、新たな面白さでしたとこれまた好評をいただきました。

私にとって「壇浦合戦」「先帝身投」はこれまでも何度も上演していますが、「知章最期」を舞台「子午線の祀り」以外で語るのは実は初めて。知盛という人物を中心に語るのはやはり面白いですね(木下順二先生流石でございます)。壇浦合戦や先帝身投では、楽器が変わることによって、これまでやったことのあるシーンの解釈やニュアンスが変わり、語り方や演技の仕方に違いが出た、というか導かれた、というのが、私にとっては一番の発見です。なんども稽古をして、私のイメージと設楽さんのプランをやりとりして、見えてきたものが、本番ではさらに互いを聴きながらセッションしていくので、非常に楽しいひと時でした。

アフタートークでは作品についてや、シーンごとにどんな音をつけたかなどをお話ししました。中でも、設楽さんによる4種類の楽器の説明は非常に面白かったです。。そっくりな龍笛と能管の構造の違いや、尺八は実は平安時代?中国から輸入した雅楽のメンバーに入っていたけれどリストラされたとか…。観客の皆さんもへえ!ほう!としきりにうなづいていらっしゃいました。

つくづく、尺八や笛は「息の楽器」なのだと思いました。音にならない息遣いや漏れ出るなんとも言えない音が、知盛をはじめとする登場人物たちの心の声に聴こえて語りながら芝居をしながらハッとしました。

これまたもっと練り上げてなんども上演したいです。

というわけで!
★10/5土18:00〜
★鎌倉古民家瀧下邸で再演いたします!
今回ご覧になれなかった皆様、素晴らしい瀧下邸にまだいらしたことのない皆様、お待ち申し上げております。
詳細は後日改めて。

#平家物語 #語り #尺八 #知盛 #壇ノ浦

2019年5月8日水曜日

6/28 新シリーズ <「平家物語」音と出会う>始まります!【満員御礼】


おかげさまで完売いたしました!
客席数が少ないため当日券の販売はございません。誠に申し訳ございませんがご了承ください。


金子あいの「平家物語」の新しいシリーズが始まります!

題して…

<「平家物語」音と出会う>!!

その第一弾は、
尺八・笛の設楽瞬山さんとのコラボです!
6/28金14:00開演 くにたち市民芸術小ホールスタジオにて。


実は、波紋音の永田砂知子さんが別のプロジェクトでお忙しいため、しばし「平家物語」をお休みされることになりました。そこで、せっかくの機会なので語る章段に合わせて公演ごとに様々な音楽と共演し「平家物語」の世界をもっと広げてみたら面白いかも!と思いました。

設楽さんは、これまでにも「六道御前」「方丈記」「鶴見和子作品の朗読」など折に触れて共演させていただいた気心の知れた方です。今回のテーマは〜知盛〜。「知章最期」と「壇浦合戦」「先帝身投」と平家一門が滅亡に向かう中、一の谷の合戦で息子を失いつつも文字通り命がけで一門を率いて最後の合戦に挑む平知盛という人物に焦点を当ててお聴きいただきます。尺八や笛の豊かな音色が波紋音とはまた違った彩りで物語を一層深めてくれることと思います。ぜひお誘い合わせの上、お越しくださいませ。心よりお待ちしております。

公演の詳細は以下の通りです♪

「平家物語」〜 知  盛 〜
祗園精舎・知章最期・壇浦合戦・先帝身投
語り 金子あい × 尺八・笛 設楽瞬山
2019年6月28日金14:00開演
くにたち市民芸術小ホール・スタジオ(アクセス)
【入場料】 3,000円 (全席自由、定員70名、開場は開演の30分前)
【主催】 平家物語を聴く会   【協力】
【チケット申込み・お問合せ】 平家物語を聴く会(10時〜20時)
TEL:090-7236-9809 または 080-6511-0414
メール:auaplus@gmail.com
【チケット取扱】 くにたち市民芸術小ホール窓口 (9時〜20時)

「平家物語」音と出会うシリーズとして、今回は尺八・笛奏者の設楽瞬山さんをお招きします。鮮やかで臨場感溢れる圧倒的な「語り」と、美しく幻想的な「尺八・笛」とのコラボレーションで、平家物語を“今に生きる物語”として鮮やかに描きます。一谷合戦で息子知章を討たれた思いを描く「知章最期」、平家一門最後の合戦「壇浦合戦」、一門の滅亡を覚悟する知盛と安徳天皇の入水「先帝身投」、平知盛を中心とした三つの章段をお聴きください。あらすじと解説と付きで、平家物語を読んだことのない方でもお楽しみいただけます。