2021年9月16日木曜日

「平家物語〜語りと弦で聴く〜滅亡の焔」10月公演決定!





昨年から有観客の公演を控えて無観客で収録してまいりましたが、メンバー一同、収録現場の舞台の美しさ、金子あい&須川崇志2人のセッションをやはり生でお客様に観て、聴いていただきたいという想いが強く、10月に新作公演をすることになりました!!!心待ちにしてくださった皆様、本当にお待たせいたしました!

今回はお客様とともに平家物語映像を作る「ライブ&収録」スタイル。客席に撮影機材やスタッフが入ります。私たちの真剣勝負を一緒に見届けてください。10月に新型コロナの感染状況がどうなっているか皆目見当がつきませんが、感染対策には十分気を遣い皆様をお迎えいたします。どうぞ皆様も十分ご対策の上ぜひ劇場へ足をお運びくださいますよう心よりお待ち申し上げております。

以下、公演詳細
----------------------------------

<劇場を超える劇場体験を!>
「平家物語〜語りと弦で聴く〜滅亡の焔」

〜祇園精舎・奈良炎上・入道死去・千手前〜

10月28日(木)16時開演

10月29日(金)13時開演、18時開演(全3回)

【会場】座・高円寺2

【チケット料金】】9月18日10:00発売

一般=4500円/学生(30歳以下)=2000円(前売当日共、全席指定)

【チケットお申込み】art unit ai+ 平家物語事務局

090-1232-1363   auaplus@gmail.com

①観劇日時 ②枚数(一般or学生) ③お名前 ④ふりがな ⑤ご住所 ⑥電話番号 ⑦メールアドレス を明記の上お申し込みください。折り返しご連絡いたします。

*この公演では全ての回で映像収録を行います。客席に撮影機材やスタッフが入りますのでご了承ください。
*開場は開演の30分前。
*学生券はWEB券のみ、席数限定、当日受付で学生証をご提示ください。
*未就学児の入場はご遠慮いただいております。
*ご来場の際は感染予防対策にご協力ください。ガイドラインに則り細心の注意を講じて予防対策に努めます。
*行政機関等の方針により座席数、販売方法が変更になる場合がございます。
*当公演はARTS for the future!の助成を受けています。

【キャスト・スタッフ】
出演:金子あい(語り芝居)/須川崇志(コントラバス、チェロ)
スタッフ:構成・演出=金子あい/照明=磯野眞也/音響=荒木まや/衣装・ヘアメイク=細田ひなこ/舞台監督=穂苅竹洋/演出助手:伊奈山明子/アートディレクション=トクマスヒロミ/古典監修=野澤千佳子/企画制作:art unit ai+/制作助手:滝本素子
収録スタッフ:撮影=竹下智也/録音:STUDIO Dedé
主催:かなえのかい、art unit ai+


【あらすじ】南都焼失に関わる平清盛と重衡の物語。
以仁王の乱以降、奈良の僧徒の反抗は激しくなり、とうとう平清盛は重衡を大将軍として奈良を攻めさせ、僧兵は大敗する。夜戦になり平氏の放った火が延焼し東大寺興福寺などが焼け落ちる。4000名近い焼死者、戦死者が出たが、清盛一人鬱憤が晴れて大喜びした。年が明けて治承五年(1181)、全国に平氏討滅の狼煙が上がる。宗盛の関東征伐前夜、清盛が熱病となる。症状は重く、清盛の妻、二位殿は無間地獄からの迎えの夢を見る。清盛は頼朝を討たなかったことを悔やみ、頼朝の首を自分の墓前に供えよと遺言し、閏二月四日にあつち死した。寿永二年(1183)平家都落。九州、四国と流浪した平家は、寿永三年(1184)二月七日、一ノ谷の合戦で大敗。平重衡は生捕りにされ、頼朝の要求により鎌倉へ送られることになる。頼朝と対面した重衡は、奈良焼き討ちの言い訳もせず立派な態度とる。頼朝は重衡を丁重に遇する。千手前が管弦の相手をして一夜を慰める。東大寺焼滅の罪を一人背負い平氏一門からも見捨てられた重衡は、千手の思いやりに惹かれ、少しずつ心を開き、琵琶を弾き詠う。頼朝も重衡の風流に感心した。千手前は重衡への想いを募らせ、重衡処刑後は出家をしたという。

*原文をお読みになる場合は各章段は下記の巻に掲載されています。
巻第一「祇園精舎」
巻第五「奈良炎上」
巻第六「入道死去」
巻第十「千手前」
(巻第十「首渡」「八島院宣」「請文」も参考になさってください。)

<劇場を超える劇場体験を!>
平家物語4K&ハイレゾ舞台映像シリーズ
▶️「俊寛」(アートにエールを!東京プロジェクト採択作品)YouTubeで無料公開中→https://youtu.be/37Fibi2ZuHA

▶️「木曾義仲」(クラウドファンディング支援作品)
まもなく一般有料公開いたします!お楽しみに!

金子あいオフィシャルウェブサイト https://aikaneko.com

2021年9月14日火曜日

クラウドファンディングにご支援いただきありがとうございました!

エディションナンバー入りのDVDとBlu-ray

特製台本と木曽ヒノキのかほり玉


親愛なる皆さま

「平家物語〜語りと弦で聴く〜木曾義仲 舞台映像化プロジェクト」は、おかげさまで7月23日をもって無事に終了いたしました。皆さまから多大なるご支援いただき本当にありがとうございました。

146名の方々から、当初の目標額1,300,000円を上回る1,705,000円ものご支援をいただきました。感謝の気持ちで一杯です。MotionGalleryへの手数料や消費税を除いた後の資金は、撮影費用、舞台経費、およびリターンの発送などに使用いたします。また、目標額を上回った分に関しては、次回プロジェクトの撮影費用として、皆様のご厚意を1円も無駄にする事なく使わせて頂きます。

皆様の暖かい励ましとご支援があったからこそ、コロナ収束後を見据えて新しい試みに踏み出すことができました。重ねて感謝申し上げます。

今後とも応援してくださいますようよろしくお願いいたします。まだまだ大変な状況は続きそうですが、早く劇場でお目にかかれることを願っております。皆様もくれぐれもお身体ご自愛ください。本当にありがとうございました。

                   ***

ご支援くださいました皆様へ下記のリターンをお送りいたしました。

「木曾義仲」の限定公開動画URL/サイン入り「木曾義仲」Blu-ray/DVD/「俊寛」DVD/特製台本/海老屋漆器店の天然木曽ヒノキのかほり玉/木曽よし彦のぐい呑/七笑酒造の義仲ラベルのお酒/小矢部畑醸造のお醤油、五郎丸屋のお菓子、きときとファームのお野菜。

木曾義仲の動画は9月の末より有料で一般公開いたします。楽しみにお待ちください!






2021年5月19日水曜日

木曾義仲舞台映像化プロジェクトご支援のお願い チラシが出来上がりました!





 現在行なっているクラウドファンディング「平家物語〜語りと弦で聴く〜木曾義仲」舞台映像化支援プロジェクトは、ご支援額がようやく50%に達成しました。本当にありがとうございます!でもゴールまではまだまだ、道半ばです。引き続きお知り合いへのご紹介など、ご支援いただけたらとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

通常の舞台づくりに加え、シネマクオリティの舞台映像を撮るために、4Kカメラ8台+撮影用クレーン+ハイレゾ録音。収録チームだけでも7名。そして美術家とカメラマンと私と様々なディスカッションをして、今回素晴らしい舞台美術が計画されています。それを吊り込みステージを作り上げる舞台チーム、照明を作り上げる照明チーム、衣装、ヘアメイク、制作、私を助けてくれる演出助手。平家物語の舞台には、語りの金子と音楽の須川崇志さんの2人しか乗っていませんが、実にたくさんのスタッフの仕事に支えられて、作品が出来上がります。

新型コロナの影響で気軽に安心して満席のお客様を迎えることが難しい今、ご自宅で劇場を超える劇場体験をしていただきたいとスタートさせたこのプロジェクトです。

どうか皆様のお力をお貸しください。

クラウドファンディング のやり方がわかりにくいというお声を多くいただきましたので、このチラシでは、直接、art unit ai+あてにご支援いただき、MotionGalleryへ代理でお手続きをすることが可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。皆様のご支援をお待ちいたしております。ゆかりの場所を訪問して写真でご紹介したコーナーもあります。ぜひお読みくださいね。

直接クラウドファンディング される方は

こちらのMotionGalleryのサイトでお申し込みください。

https://motion-gallery.net/projects/heike2021



2021年4月26日月曜日

新作「木曽義仲」のためのクラウドファンディングを立ち上げました。

金子あいとジャズベーシスト須川崇志さんが作る「平家物語〜語りと弦で聴く〜木曽義仲」。4Kハイレゾの映像作品第2弾として、6/16に舞台公演を収録、8/6に配信します。

その製作資金をクラウドファンディング で募集します。どうか応援お願いいたします。

クラウドファンディング のやり方がわかりにくい場合は、art unit ai+でも直接ご支援を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問合せ先:art unit ai+

auaplus@gmail.com  090-6707-1253


https://motion-gallery.net/projects/heike2021


2021年3月1日月曜日

「平家物語 〜語りと弦で聴く〜 俊寛」フルムービー無料公開!

 2021年3月1日〜31日 期間限定!

アートにエールを!東京プロジェクト採択作品として、2020年11月13日に収録した無観客公演の動画の全編を「子午線の祀り」出演を記念して無料公開します。この機会にぜひご覧ください。


演劇×映像 時空間エンターテイメント 

≪劇場を超える劇場体験を≫

〜850年の時空を超え『平家物語』俊寛の物語が現代に蘇る〜

俳優・金子あいが原文を鮮やかに語り、気鋭のジャズベーシスト・須川崇志が即興演奏で寄り添う。未だ見たことのない奇跡の競演!!

◆いまだからこそ、新しいことにチャレンジします。昨年、ジャズベーシスト須川崇志さんとの「平家物語」公演が、新型コロナの影響により中止となりました。それでも前に進もうと、新しい「演劇映像」の可能性を求めて、映像と舞台それぞれのスタッフが熱い想いを持って結集し、創り上げた、これまでにない舞台映像作品です。

◆自宅に居ながら、劇場を越える劇場体験を!8台の4Kカメラとハイレゾ録音のシネマクオリティ。舞台空間に溢れるエネルギー、語りの息遣いや弦のタッチまで、カメラマン竹下智也がみずみずしい即興的な感性で撮影し、生の舞台の臨場感を余すところなく再現しています。録音は数多くの有名アーティストを手がけるStudio Dede。その場で体験しているかのようなダイナミックかつ繊細な音のニュアンスをお楽しみください。

【演目】祇園精舎、鹿谷、赦文、足摺、有王、僧都死去/アフタートーク

あらすじ▶︎嘉応三年、平家は栄華の絶頂にあった。後白河法皇の側近たちは俊寛の鹿谷山荘で打倒平家の密議を重ねたが発覚、俊寛ら三人は鬼界が島に流された。清盛の娘、中宮徳子が懐妊。安産祈願の大赦により、鬼界が島の流人が赦されることになる。都の使が届けた赦文に俊寛の名前は無かった。嘆き悲しむ俊寛を一人残し、船は島を離れていく。幼いころから俊寛に仕えていた有王は、鬼界が島に渡り、ようやく痩せ衰えた俊寛を探しあてた。一人残された娘の手紙を読んだ俊寛は、絶望し、自ら食を断ち死んでいく。有王は俊寛の遺骨を都に持ち帰り、やがて出家する。

================

製作資金のカンパにご協力ください!

新作「平家物語〜語りと弦で聴く〜 義仲」を2021年6月に撮影します!

新型コロナの影響で観劇を控えるお客様も多く、いまだ公演活動の全面再開が厳しい状況です。でも、落ち込んでばかりはいられません!この逆境をバネに、みなさんが楽しめる作品をどんどん作りたいと思っています。映像第1作目「俊寛」に可能性と手応えを感じた熱い熱いメンバーでぜひとも第2作目を作ろうと企画しています!演目は「平家物語」木曽義仲の章段です。義仲は、私が2011年にart unit ai+を旗揚げし、波紋音の永田砂知子さんとまつもと市民芸術館で初演した、「平家物語」シリーズのきっかけとなった作品です。10周年を記念して、須川崇志さんとあたらしいバージョンの義仲を作り上げ、みなさんにぜひご覧いただきたいと思っております。しかし現在、製作資金が足りません。どうかどうかお力をお貸しください!よろしくお願い申し上げます。(現在、クラウドファンディング準備中)

----------------------------------------------

今すぐご支援くださる方はこちら↓

ゆうちょ銀行

〈郵便局からの場合〉00100-7-695152

〈銀行からの場合〉店名:〇一九(ゼロイチキュウ)(019) 当座預金 0695152

 口座名:art unit ai+

----------------------------------------------

*5000円以上のカンパで、クラウドファンディングに振替可能です。詳細はお問い合わせください。振替ご希望の方はメールで、氏名(ふりがな)・住所・電話番号を必ずご連絡ください。auaplus@gmail.com

----------------------------------------------

【出演】

語り/金子あい

チェロ、コントラバス/須川崇志 

【スタッフ】

構成・演出/金子あい

音楽/須川崇志

撮影・編集・監督/竹下智也 

美術/トクマスヒロミ

照明/和田東史子

録音/松下真也(Studio Dede)

ミックス マスタリング/吉川昭仁(Studio Dede) 

衣裳・ヘアメイク/細田ひなこ 

演出助手/伊奈山明子 

舞台監督/穂苅竹洋 

撮影/藍河兼一、堀井威久麿、浅間陽介 

照明スタッフ/小林佳代子、松田桂一、榊美香 

録音助手/土屋このり(Studio Dede)

舞台監督助手/ 菅野将、大河原敦、石井有彩、霜垣真由美、石松里沙子、

            齋藤莉愛瑠、花岡美紀 

古典監修/野澤千佳子

2020年11月13日収録 @座・高円寺2 

©️art unit ai+ 

NEW!金子あい art unit ai+ オフィシャルウェブサイト http://aikaneko.com 

須川崇志 https://www.tsgw.net 

竹下智也 https://www.takeshita.photos 

Studio Dede http://premier-engineering.jp/dede/ 


2021年1月22日金曜日

アートにエールを!動画公開しました!「平家物語〜語りと弦で聴く」金子あい/須川崇志

 

ダイジェスト映像とアフタートークをまとめた29分の映像を一般公開しました!ぜひご覧ください。平家討滅を企てた罪により平清盛によって喜界が島に流された俊寛の物語。

金子あいが原文のまま鮮やかに語り演じ、気鋭のジャズベーシスト須川崇志が即興演奏で描きます!トクマスヒロミのトレーシングペーパーによる舞台美術と和田東史子の照明が幻想的で美しい空間を作り出し、カメラマン竹下智也によるライブの臨場感あふれる映像が、これまでにない平家物語の世界を作り上げています!(アートにエールを!東京プロジェクト採択作品)

祇園精舎、鹿谷、赦文、足摺、有王、僧都死去。

★★感動と迫力のノーカット、フルバージョン映像を2月〜3月に配信します!★★詳細決定次第お知らせしますのでぜひご覧ください!


【スタッフ】

構成・演出/金子あい

音楽/須川崇志

撮影・編集・監督/竹下智也 Tomoya Takeshita

撮影/藍河兼一、堀井威久麿、浅間陽介

美術/トクマスヒロミ

照明/和田東史子

照明スタッフ/小林佳代子、松田桂一、榊美香

録音/松下真也  Studio Dede

録音助手/土屋このり  Studio Dede

ミックス マスタリング/吉川昭仁   Akihito Yoshikawa  Studio Dede

衣裳・ヘアメイク/細田ひなこ

演出助手/伊奈山明子

舞台監督/穂苅竹洋

舞台監督助手/ 菅野将、大河原敦、石井有彩、霜垣真由美、石松里沙子、齋藤莉愛瑠、花岡美紀

古典監修/野澤千佳子

2020年11月13日収録 @座・高円寺2

©️art unit ai+


http://aikaneko.com

https://www.tsgw.net

https://www.takeshita.photos

http://premier-engineering.jp/dede/


#平家物語 #語り #ジャズ #ベース #コントラバス #チェロ #俊寛 #祇園精舎 #鹿谷 #赦文 #足摺 #有王 #僧都死去 #金子あい #須川崇志 #竹下智也 #吉川昭仁 #松下真也 #トクマスヒロミ #和田東史子 #細田ひなこ #穂苅竹洋 #伊奈山明子

#thetaleoftheheike #aikaneko #takashisugawa #tomoyatakeshita #akihitoyoshikawa #studiodede

2020年12月25日金曜日

2021年世田谷パブリックシアター「子午線の祀り」出演



2021年2月〜3月の「子午線の祀り」公演に出演いたします。

2017に数々の賞を受賞した作品がこの激動のコロナの時代に特別な2021年版として生まれ変わります。ぜひ多くの方にご覧いただきたくご案内申し上げます。

チケットのお申し込みは金子 auaplus@gmail.com までどうぞお早めに。


【作】木下順二

【演出】野村萬斎

【音楽】武満徹

【美術】松井るみ  

【照明】服部基/北澤真  

【音響】尾崎弘征  

【衣裳】半田悦子

【ヘアメイク】川口博史  

【演出補】桐山知也  

【舞台監督】田中直明

【出演】

野村萬斎    … 新中納言知盛

成河      … 九郎判官義経

河原崎國太郎  … 大臣殿宗盛

吉見一豊    … 梶原平三景時

村田雄浩    … 阿波民部重能

若村麻由美   … 影身の内侍

星智也 月崎晴夫 金子あい 時田光洋 松浦海之介

岩崎正寛 浦野真介 神保良介 武田桂 遠山悠介 森永友基


<神奈川公演> 

KAAT神奈川芸術劇場 ホール 

2021年2月21日(日)~27日(土) 6回公演(全14:00開演)

<名古屋公演> 

日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

2021年3月3日(水)18:30、4日(木)12:00

<久留米公演>

久留米シティプラザ ザ・グランドホール 

2021年3月7日(日)16:00、8日(月)13:00

<兵庫公演>

兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール 

2021年3月13日(土)11:00/17:00、14日(日)13:00

※当初お知らせしておりました公演日程より変更がありました

 3/13(土)12:00/18:00→11:00/17:00に変更

<東京公演>

世田谷パブリックシアター

2021年3月19日(金)~30日(火) 11回公演

3月19日金 16:30

3月20日土 14:00

3月21日日 14:00

3月22日月 14:00

3月23日火 休演

3月24日水 14:00

3月25日木 14:00

3月26日金 14:00

3月27日土 14:00

3月28日日 14:00

3月29日月 14:00

3月30日火 14:00

S席8500円/A席5000円

※当初お知らせしておりました公演日程より変更がありました
 3/19(金)18:00→16:30に変更
 3/24(水)18:00→14:00に変更
 3/29(月)18:00→14:00に変更